スタッフブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 外壁材の種類 【倉敷市の外壁塗装専門店 ハウスペイントグループ】

外壁材の種類 【倉敷市の外壁塗装専門店 ハウスペイントグループ】

スタッフブログ塗装の豆知識 2021.02.05 (Fri) 更新

みなさまこんにちはッ!!

岡山県倉敷市にございます、屋根塗装・外壁塗装専門店のハウスペイントグループでございます( *´艸`)

 

 

突然ですが、皆さまはご自分のお家の外壁材を聞かれて答えることはできますか?

意外と答えることができない外壁材(´・_・`)

外壁材には多くの種類があり、それぞれ機能性やデザイン性が異なります

また、必要なメンテナンスや起こりやすい劣化現象も違ってきます

そんな外壁材の代表的な4種類に起こりやすい劣化現象や

塗装を考えるタイミングのポイントをお話させていただきます ♫

 

★ モルタル

 昔の日本住宅で多く採用されていたモルタル塗り壁です

耐震性・耐火性・耐久性に優れたモルタルですが、多い劣化現象はひび割れです。

ひび割れから雨水が侵入しますと建物自体を劣化させてしまう原因となります

触ると手に粉状の塗膜が付着するチョーキング現象も初期症状として分かりやすいです

 

★ 窯業系サイディング

現在の主流になっている窯業系のサイディングボードです

レンガ調やタイル調などデザインが豊富で人気の窯業系サイディングですが、

目地の部分などに打たれているシーリング材の劣化が避けられない現象です。

こちらも同じく、劣化してひび割れや肉痩せした部分から雨水が侵入し

建物自体を劣化させますので定期的なメンテナンスが必要です

 

★ 金属系サイディング

最近お洒落で人気の高いガルバリウム鋼板などを使用した金属系サイディングです

重量が軽く負担が少なく、コストパフォーマンスにも優れる金属系サイディングですが、

変形やへこみ・キズがつきやすく錆びが発生しやすいです。

錆びは破損の原因となりますので、更に錆びが出て破損する前にメンテナンスが必要です

 

★ ALC

公共ビルや公共施設にも使用されており、

サイディングボードよりも倍以上厚みがあるALCパネルです

有害物質を含んでおらず人体や環境に優しく、色々な面においても優れたALCですが、

水には弱いデメリットがありますので塗装で定期的に防水性を保つことが大切です。

チョーキング現象の発生は撥水機能が低下している状態の現れです

 

いかがでしたでしょうか?ご自分のお家の外壁材は見つかりましたか?

お電話での現地調査のご依頼の際には、現在の建物の状況としまして

築年数や外壁材・屋根材などをあらかじめお伺いいたしますのでご参考になさってくださいね ♪

倉敷市の外壁塗装ならハウスペイントグループにお任せください(^◇^)

 

 

ご相談・お見積りはお問合せまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。
倉敷市の外壁塗装専門店ハウスペイントグループではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

 

お勧め塗装メニュー

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

 

施工事例

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

 

WEB予約限定でご成約金額の2%キャッシュバック中!!

 

ハウスペイントグループ株式会社 

住所:〒712-8001  岡山県倉敷市連島町西之浦426-3

営業時間:10:00~16:00

電話番号:0120-967-094・086-454-8182

FAX:086-476-3111

E-mail : info@hpg-okayama.com

お電話・メールでのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております