施工事例 外壁塗装・屋根塗替えなど施工事例をご覧下さい

HOME > 施工事例 > 外壁・屋根・付帯塗装 > 倉敷市O様 外壁塗装

倉敷市O様 外壁塗装

(2019.05.19 更新)
施工後施工後After
施工前施工前Before

倉敷市O様 外壁塗装 施工データ

施工内容 外壁・屋根・付帯塗装
施工場所 倉敷市

倉敷市神田 O様邸
施工箇所:外壁 付帯
塗料メーカー:外壁・付帯 日本ペイント
使用塗料:
外壁 オーデフレッシュSi(水性シリコン塗料)(ND-104)
付帯 樋⇒ファインSi(15-20B)
基礎⇒ケンエース(N-4)
破風・鼻隠し⇒ファインSi(15-20B)
玄関木部⇒キシラデコール(パリサンダ)
小庇鉄部⇒ファインSi(15-20B)
玄関上鉄部⇒ファインSi(15-20B)
北面タキロン枠鉄部⇒ファインSi(N-85)
 

担当者より

現地調査の様子

ひび割れが複数箇所あるので
隙間を埋めたいところですね
基礎の塗膜剥がれと
塗膜の浮きも深刻です……
軒天の塗膜が剥がれも気になります


 

外壁

※洗浄前は足場の影が
ありましたので
比較しやすい
高圧洗浄後の
写真になります→
【外壁施工前】 【外壁施工後】
外壁は高圧洗浄で汚れを落としてから
作業をしていきます
ひび割れがあったので補修しましょう
隙間をシーリング剤で埋めていきます
補修が完了しました。建物への
雨水の侵入が防げるようになります
シーリングが紫外線により痩せたり
ひび割れたりしているようです
古いシーリングを剥がし、
テープで保護したあと
接着プライマーを塗っていきましょう
シーリングを補填してヘラで整えました
内部に水が入り建物が劣化するのを
これで未然に防ぐことができます
外壁の下塗りは非常に大事なので
こだわりの2回塗りです
1層目の上から塗料を塗布
このあとの塗料の密着性が高まります
中塗りをしたあと上塗りで完成です
外壁の塗膜が厚くなりました

付帯

樋は色々なものが堆積しています これを放っておくと雨水が流れず
詰まってしまいます
丁寧に清掃をしてすっきりしましたね

樋を支える金具部分が錆びています
錆止めを塗って保護をしましょう

錆止めが終わりました
樋本体を塗っていきましょう
中・上塗りで美しく仕上がりました
基礎
経年劣化による塗膜の剥がれや
汚れが見られます
素地調整で浮いた塗膜を除去し
中塗りをしていきましょう
さらに上塗りによって
しっかりした色合いに見違えました
軒天
軒天の塗膜がかなり剥がれて
ボロボロと落ちてきそうです
剥がれた塗膜を取り除き表面を整える
素地調整はとても大事な作業です!
これをしないと塗料を塗っても
再び剥がれ落ちてしまいます
中塗りと上塗りで塗料を塗布し
塗膜が蘇りました
玄関前柱
門柱は水あかや汚れで
塗膜が劣化しているようです
素地調整をしっかりしたあと
塗っていきましょう
中塗り後、上塗りで2回塗りです
玄関の顔も綺麗に仕上がりました
小庇鉄部
小庇は鉄部なので素地調整は
粗めのサンドペーパーで錆び落としから
放置すると錆が進行するので
下塗りで錆止めをしっかり塗布
中・上塗りを行い
表面を綺麗にコーティングしました
波板下鉄部
波板下の鉄部は錆びの進行が激しく
塗膜の剥がれが著しいのがわかります
こちらも素地調整によって
表面を整え、剥がれた塗膜を除去
錆止め後、中・上塗りをしっかりして
塗膜を蘇らせました