スタッフブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 【倉敷市】塗膜の膨れ 【倉敷市の外壁塗装専門店 ハウスペイントグループ】

【倉敷市】塗膜の膨れ 【倉敷市の外壁塗装専門店 ハウスペイントグループ】

スタッフブログ塗装の豆知識 2021.05.29 (Sat) 更新

みなさまこんにちはッ!!

岡山県倉敷市にございます、屋根塗装・外壁塗装専門店のハウスペイントグループでございます( *´艸`)

 

皆さまのお家にこのような症状は出ていませんか🙄❓❓❓

外壁の塗膜が膨れてしまっています

放置すると塗膜が破れ、素地が露出し水分を吸収しやすくなります

そうすると中の躯体部分が心配になりますね💦

本日は外壁に膨れが生じてしまう原因についてご紹介します!

 

✔ 膨れの原因とは?

① 塗膜の密着が悪かった

密着性が悪いと外壁材と塗膜の間に隙間ができてしまい、

そこから湿気や空気が入り込み、膨らみを生じやすくなります。

 

密着性が悪くなってしまう原因としては

・下地処理が不十分だった

・下塗り塗料と下地が合っていなかった  等が考えられます

 

外壁塗装を行う際には必ず高圧洗浄をして汚れを落としていきますが

この作業が不十分で汚れが残ったまま塗装を始めてしまうと

外壁材と塗膜の間に汚れが入り込み、しっかりと付着させることが難しくなります😥

また、コケやカビが発生している場合は根元から除去しなければ

塗装した後に成長して塗膜を持ち上げ、膨れに繋がる恐れもあります

ですから、下地を整える作業は決して手を抜いてはいけません🙅‍♀️✨

 

また、下地を整えた後に下塗り→中塗り→上塗りの順番で塗装をしていきますが

この下塗りの際に使用する塗料が外壁材と合っていないと膨れに繋がる恐れがあります

外壁材はモルタルやサイディング等の様々な種類があるため、

それに合わせた下塗り塗料を選ばないと、しっかりと密着できず膨れが生じやすくなります😥

たとえ、良い塗料を使用したとしても下塗り塗料が下地に密着していないと

剥がれてしまったり、膨れに繋がってしまうことがあるので注意が必要です。

 

② 乾燥期間が足りなかった

下塗り塗料が乾く前に塗装してしまうと、閉じ込められた水分が蒸発して

それが原因で膨らみが生じやすくなります。

品質を守るためにも乾燥期間の確保はとても重要です💨

 

③ 経年劣化による雨水の侵入

外壁や屋根は日々、紫外線や雨風によって少しずつ劣化しています。

塗料本来の性能が低下していくことで、雨水も徐々に建物内に侵入しやすくなり

その結果、建物内部の湿気によって塗膜の膨れが生じます💦

雨水の侵入は外壁の膨れを起こすだけでなく、雨漏りや下地木材の腐食に繋がりやすくなるので

被害が大きくなる前に定期的なメンテナンスを行ってください🔧

 

 

倉敷市の外壁塗装専門店ハウスペイントグループでは、

ご相談・現地調査・お見積り作成は全て無料で行っております🌈

症状が出ましたら、お早めにご相談くださいねヽ(^o^)丿

 

 

感染症対策の取り組み詳細はこちら

新型コロナウイルス感染防止の為、現場職人も含めスタッフ一同様々な取り組みを実施しております。
ショールームにおきましても、お客様に安心してご来店いただけるよう入店時の検温・手指消毒を徹底し
定期的な室内除菌等、感染防止に努めております。

ご相談・お見積りはお問合せまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。
倉敷市の外壁塗装専門店ハウスペイントグループではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

 

お勧め塗装メニュー

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

 

施工事例

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

 

お客様の声

「実際はどうなんだろう?」と漠然とした不安を感じる方には
是非、こちらの体験者の生の声をご覧頂きたいです。
実際に施工させて頂いたお客様からいただいたアンケート結果です。

ハウスペイントグループ株式会社 

住所:〒712-8001  岡山県倉敷市連島町西之浦426-3

営業時間:9:00~17:00

電話番号:0120-967-094・086-454-8182

FAX:086-476-3111

E-mail : info@hpg-okayama.com

お電話・メールでのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております