スタッフブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 【倉敷市】シーリングの劣化症状 【倉敷市の外壁塗装専門店 ハウスペイントグループ】

【倉敷市】シーリングの劣化症状 【倉敷市の外壁塗装専門店 ハウスペイントグループ】

スタッフブログ塗装の豆知識 2021.05.11 (Tue) 更新

みなさまこんにちはッ!!

岡山県倉敷市にございます、屋根塗装・外壁塗装専門店のハウスペイントグループでございます( *´艸`)

 

 

本日は、サイディングやALCの外壁材を使用されているお家の

外壁の目地や窓枠まわりなどにございます、シーリングについてのお話です!

倉敷で外壁塗装をお考えの皆さまに是非知っていただいときたい

シーリングの劣化症状はたくさんあります(+o+)

 

・肉痩せ

シーリング材に含まれる可塑剤が溶け出す症状です

シーリングの厚みが薄くなり、次第に隙間ができてしまいます。

経年劣化でない場合は、シーリングのボリュームが足りていなかった

可能性が考えられます。

 

・剥離

ボードやパネルの間に隙間ができてしまう症状です

隙間から雨水が侵入してしまい、サイディングボードの腐食や割れ・反りが

発生する可能性があります。

 

・ひび割れ

表面に細かなひびが入っている状態です

経年劣化や地震などによる建物の揺れに追従できない場合に

ひび割れが起こるケースがあります。

 

・欠落

シーリングが取れてしまい、内側が見えてしまう症状です

経年劣化のほか、プライマー不足であった可能性が考えられます。

 

いかがでしたでしょうか?

皆さまのお家の外壁のシーリングはこんな風にはなっていませんか?

 

シーリングが劣化してしまうと、そこから雨水等が侵入します。

雨水が侵入しますと建物自体の劣化を早める原因となりますので、早めの対応が必要です!

もしも確認されてみて、劣化しているという場合は

雨漏り等の症状が出る前にお早めに一度、ご相談ください(‘◇’)ゞ

 

 

ご相談・お見積りはお問合せまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。
倉敷市の外壁塗装専門店ハウスペイントグループではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

 

お勧め塗装メニュー

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

 

施工事例

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

 

WEB予約限定でご成約金額の2%キャッシュバック中!!

 

ハウスペイントグループ株式会社 

住所:〒712-8001  岡山県倉敷市連島町西之浦426-3

営業時間:10:00~16:00

電話番号:0120-967-094・086-454-8182

FAX:086-476-3111

E-mail : info@hpg-okayama.com

お電話・メールでのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております