スタッフブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 【倉敷市】屋根形状ごとの雨漏りリスク 【倉敷市の外壁塗装専門店 ハウスペイントグループ】

【倉敷市】屋根形状ごとの雨漏りリスク 【倉敷市の外壁塗装専門店 ハウスペイントグループ】

スタッフブログ塗装の豆知識 2021.05.13 (Thu) 更新

みなさまこんにちはッ!!

岡山県倉敷市にございます、屋根塗装・外壁塗装専門店のハウスペイントグループでございます( *´艸`)

 

 

早いもので、沖縄では平年よりも5日早く梅雨入りしたと発表がありましたね

今週・来週と雨予報が続きそうな中国地方もそろそろでしょうか?

梅雨の時期に怖いのはやはり雨漏りです((+_+))

今回は屋根の形状によって違う雨漏りのリスクについてご紹介したいと思います。

 

屋根の形状ごとに雨漏りしやすい箇所は変わってきます

 

 雨漏りに最も強いと言われる「切妻屋根」

構造的に非常に単純で屋根形状の中でも最も雨漏りしにくい屋根だと言われています。

複雑な屋根と比較するとメンテナンスも安易にできるのでメンテナンスコストも安価です。

切妻屋根の雨漏り原因は『大棟』と呼ばれる屋根の最上部が原因になる事が多いです。

 

 オーソドックスで雨漏りにも強い「寄棟屋根」

この屋根形状は全方向の外壁を軒が覆い、雨から守ってくれるという事が大きなメリットです。

雨漏りリスクの面から考えると『かき合い』と呼ばれるY字になっている部分から

雨漏りする事が多いので定期的なメンテナンスが欠かせません。

 

 最近人気の屋根形状「片流れ屋根」

この形状は外観がモダンでオシャレに仕上がる一方、屋根が一方向に向いている為

屋根に落ちた雨水を全て受ける雨樋に負担がかかります。

また、強風時に横から当たる雨水によって雨漏りする可能性が非常に高いとも言われています。

 

 平らな屋根が特徴の「陸屋根」

片流れ屋根同様、建物がモダンな外観となり近年人気の屋根形状ですが平らな形状の為

屋根部分に雨水が長くとどまる事や外壁が雨水に晒される等の問題もあり、

雨漏りののリスクが非常に高くなります。

 

 

屋根形状による雨漏りリスクの違いは一般的に形状が複雑になればなるほど

リスクが高くなりますが、片流れ屋根や陸屋根のように単純な形状のものでも

雨漏りリスクが高いものがあります。

これは軒の有無なども関係あるのですが「雨漏りは外壁からも起こることも多い」

という事も理由の一つです。

 

倉敷市の外壁塗装専門店ハウスペイントグループでは、雨漏り診断も行っています。

雨漏りがしてしまう前に塗装メンテナンスを行われるのが最善ですが、

もし雨漏りの兆候が見られましたらお早めにご連絡くださいませ(´・_・`)

 

 

ご相談・お見積りはお問合せまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。
倉敷市の外壁塗装専門店ハウスペイントグループではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

 

お勧め塗装メニュー

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

 

施工事例

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

 

WEB予約限定でご成約金額の2%キャッシュバック中!!

 

ハウスペイントグループ株式会社 

住所:〒712-8001  岡山県倉敷市連島町西之浦426-3

営業時間:10:00~16:00

電話番号:0120-967-094・086-454-8182

FAX:086-476-3111

E-mail : info@hpg-okayama.com

お電話・メールでのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております