Why is outer wall paint required?

外壁塗装がなぜ必要か?

外壁は太陽光や雨風を受けて日々劣化しています。
劣化が進むと塗膜が浮き剥がれヒビ割れすることもあります。
ボードがむき出しになると雨水を吸収し、カビや腐食の原因になります。

外壁の塗り替えは新築から10年位でしたほうが良いと言われていますが、実際には15年以上何もせずに放置している家も多いです。
外壁は太陽光や雨風を受けて日々劣化しています。劣化が進むと塗膜が浮き剥がれヒビ割れすることもあります。
ボードがむき出しになると雨水を吸収し、カビや腐食の原因になります。
劣化しているにも関わらず何もせず放置していると建物全体に影響を与えることになります。

建物内部に雨水が侵入し、外壁の内部が腐食し鉄部は錆びて腐り、コンクリートも水を吸収し強度が低下し、崩れる原因になります。
最悪の場合、家全体が腐食し傾く可能性もあります。
ここまで劣化してしまうと大規模な改修、リフォームや建て替えなど高額な費用が必要となります。

定期的に塗り替えをしている家は、よい状態で長く家を保つことができるので
長期的な費用削減につながります。

Purpose of painting outer wall

外壁塗装の目的

建物の劣化を予防

建物の防水性を維持し雨漏り予防

景観を美しく保つ

改修費用の削減

When such symptoms appear the time of repainting

こんな症状が出たら塗り替えの時期

塗装の剥がれ

塗装の剥がれは、紫外線や車の排気ガスなど大気中の汚染物質に塗膜表面が劣化して起こる状態です。

外壁のひび割れ

外壁のひび割れの原因は様々ですが、外壁の劣化が原因の可能性が非常に高いです。

チョーキング

塗膜の表層が次第に劣化し、塗膜が粉上になって消耗していく現象。

カビ・藻の発生

日当たりの立地条件などもありますが、防水効果が弱っている可能性も考えられます。

Why is roof paint required?

屋根塗装がなぜ必要か?

屋根塗装は直射日光による劣化
風雨による腐食、雨漏りなどから家を守るために必要です。

屋根塗装は直射日光による劣化、風雨による腐食、雨漏りなどから家を守るために必要です。
屋根は日々劣化しています。屋根材が劣化しヒビ割れや破損が起こると、雨水が建物内に侵入し、木部にはカビや腐食、鉄部にはサビが発生し、雨漏りの原因になります。もし雨漏りに気づかず何年も放置した場合、木部が腐り改修に高額なリフォーム費用が必要になることもあります。

屋根材によっては塗り替えの必要がない場合もありますが、一般的な屋根材であるスレート瓦(コロニアル、カラーベストなど)や、ガルバリウム鋼板の屋根は定期的な塗り替えをすることで雨漏りを防ぎ建物を守ることができます。

屋根塗装を行う場合、外壁塗装も同時に行うと足場代などの
諸費用の節約をすることができます。

エコ塗料(遮熱塗料・断熱塗料)を使用することで、環境にも優しく遮熱・断熱効果で
1年中快適な室温を保つことができ電気代の節約につながります。

Purpose of roof painting

屋根塗装の目的

屋根の劣化を予防

雨漏り予防

改修費用の削減

エコ・電気代節約

Types of roofing materials and necessity of repainting

屋根材の種類と塗り替えの必要性

屋根材 塗り替え 屋根の特徴 塗り替え目安
スレート 必要 一般的な屋根材。
コロニアルやカラーベストなどの商品が有名。
10~15年
ガルバリウム鋼板 一般的な屋根材。
塗装が不要という意見もあるが塗り替える方がよい。
10~15年
トタン 必要 昔の建物でよく使われていた屋根材。 5年
セメント瓦 必要 劣化すると塗膜が剥がれる。
10~15年おきに塗り替えが必要。
10~15年
粘土瓦 不要 耐久性が高い屋根材。
塗り替えの必要はないが、ヒビ割れや破損が発生した時は補修する。
耐用年数は30~40年。
×
銅板 不要 神社仏閣などでも使われている耐久性が高い屋根材。
耐用年数は銅板の厚さや接する部材によって変わる。
耐用年数は50年。
×
屋根材
スレート
塗り替え
必要
屋根の特徴
一般的な屋根材。
コロニアルやカラーベストなどの商品が有名。
屋根材
ガルバリウム鋼板
塗り替え
屋根の特徴
一般的な屋根材。
塗装が不要という意見もあるが塗り替える方がよい
屋根材
トタン
塗り替え
必要
屋根の特徴
昔の建物でよく使われていた屋根材。
屋根材
セメント瓦
塗り替え
必要
屋根の特徴
劣化すると塗膜が剥がれる。
10~15年おきに塗り替えが必要。
屋根材
粘土瓦
塗り替え
不要
屋根の特徴
耐久性が高い屋根材。
塗り替えの必要はないが、ヒビ割れや破損が発生した時は補修する。
耐用年数は30~40年。
屋根材
銅板
塗り替え
不要
屋根の特徴
神社仏閣などでも使われている耐久性が高い屋根材。
耐用年数は銅板の厚さや接する部材によって変わる。
耐用年数は50年。
Difference between cost price of exterior wall painting and amount of paint

外壁塗装の費用相場と、
塗料による金額の違い

ハウスペイントグループは、外壁塗装をご検討の方に厳しい審査基準を通過した優良塗装業者です。
外壁塗装を失敗しないためには、外壁塗装にかかる費用をきちんと知っておくことが必要です。必ずご相談の上、見積りをしっかりと精査してください。
ハウスペイントグループが、相場はどのくらいなのか、それぞれの工事の平均的な単価はどれくらいかをご説明します。

外壁塗装費用の内訳

見積りは4つの要素で決まる

当社では、まず見積りを提出いたします。
外壁塗装の見積りは、おもに次の4つの要素で決まります。
適正な金額で塗り替えを行うためにも、見積りの見方を知っておくと良いかと思います。

塗料

塗料にはそれぞれ特徴があります。
リーズナブルだけれど耐用年数は短いもの、価格も耐用年数もちょうどよういもの、高いけれど長持ちするものなどさまざまです。
目的に合った塗料を選びましょう。

塗装の範囲

外壁だけではなく、雨どいやベランダ、屋根なども塗るのかなど、塗装範囲によって金額は変わります。
塗装を行う範囲をしっかり確認しておきましょう。

塗装の回数

塗装回数は、3回塗りが一般的です。
回数が多いほど塗装が長持ちしますが、塗料を多く使う分、割高になってしまいます。

経費

足場や養生など、下準備の経費を含んでいるかどうかで見積りは変わります。
副資材や消耗品の費用も含まれるかどうかも確認しておきましょう。

保証内容の注意点

外壁塗装の保証は、一般的には塗装が剥がれてしまった場合、あるいは明らかな施工不良(塗膜の艶が他の箇所と比べて極端に違う等・・・)の場合に適用されます。
当社の場合、付帯部の鉄部・木部等は塗料プランによって保証期間が異なります

Workflow

作業の流れ

契約
現場へと赴き、しっかりと状況を診察・診断のち、御見積書及び御提案書を作成いたします。
内容に関して、専門知識と技術を要したスタッフが、詳細まで丁寧に説明させていただき、納得いただければ、契約をさせていただきます。
塗料パターン選択
着工前に色パターンをご選択いただけます。
様々な色パターンがあるので、スタッフも現場で一緒に施工後のことをイメージしながら、提案をさせていただきます。
色パターンは実際のものを見て頂きながら、お選び頂けます。
着工~仮設足場の設置
高所の作業が必要な場合は、安全・確実な施工が行えるよう仮設足場を設置します。
また、近隣住宅や屋内への塵・ほこりの飛散を防止するために養生にも万全を期します
超高圧洗浄
施工箇所に付着した汚れは塗装ムラの原因になるため、事前に丁寧な超高圧洗浄で、汚れを徹底的に除去します。
きれいに洗浄することで外壁と新しい塗膜との密着性が強まり、より理想的な仕上がりになります。
女性のお化粧と同じで汚れを落としていないお肌にいくらファンデーションを厚塗りしても美しくありません。
洗顔で汚れを落とし、素肌を整えた上にお化粧をすること、お化粧のノリもよくいつまでも美しさが続きます。それと同じです。
飛散防止養生
ガラスサッシに塗料がつかないようにマスキングテープを貼ります。
下地調整
塗装を行ううえで、下地調整はもっとも大切な工程と言っても過言ではありません。
施工箇所に発生しているクラック(ひび)や欠損部分、シーリングなどの補修の丁寧さが施工の完成度を決めます。
しっかりと下地調整を行えばこそ、塗料の性能も十分に発揮できるというもの。手間はかかりますが、絶対に手を抜けない工程です。
塗装
壁面の状態に合わせて塗料を選び、下塗りを行います。
下塗りの次は、中塗りです。
中塗りは、下塗りと上塗りの密着度を高めるうえで重要です。
最後に、中塗りと同じ塗料を使って、上塗りを行います。
塗りムラをなくすのはもちろん、塗装に厚みを持たせることで塗料の持つ耐久性をさらに高めます。
施工完了~お引き渡し
塗装が終わったら、養生を外します。施工の仕上がりをご確認いただき、気になる点があればこの時点で手直しをいたします。
もしご納得いただければ、足場を外し、お引き渡しとなります。
保証期間最長15年
施工が完了したらお付き合いが終わるわけではありません。
一般的に、施工不良や塗料欠陥などがあらわれるのは施工から1~2年後経ってからと言われています。
当社は保証書を発行しており保証期間は最長で15年です。
「おかしいな」と感じた際にはご連絡ください。
一部保証期間内において剥離、変色などの施行不良が発生した場合には、迅速に最良の処置を施し再塗装いたします。